中古車 買取

中古車を高く売る方法!中古車高価買い取り!車買取・査定・相場ガイド★

高く売るなら乗り倒さないこと

 買ったばかりの頃から、売ることばかりを考えて車に乗る人はあまりいないかもしれませんが、「そろそろ買い替え時かな」と思い始めたら、走行距離に気をつけてみましょう。

 走行距離は、いうまでもなく少ない方が査定には有利です。
 たくさんの距離を走っていれば、当然ボディやエンジンの状態が落ち、パーツも老朽化していくからです。
 具体的にどのくらいであれば低走行車といえるのかというと、年間の走行距離が1万Kmを越えていなければOKとされています。

 また、走行距離には、査定の分かれ目の基準ラインとなる距離数があります。
 一般的に、3万Kmを超えたところと5万Kmを超えたところで、査定額はワンランク下がるといわれています。
 従って、売ることを考えている時に3万Km、5万Kmの大台が間近に迫っている場合は、少し乗るのを控えた方が査定のことを考えるとよいと思います。


買取実績No.1!簡単入力で
愛車の価値を即査定

↓↓↓
【ガリバー】
オンライン自動車査定ガリバー


無料で一括査定依頼
最高額で愛車を売れる!

↓↓↓
【カービュー】
中古車を高く売る



中古車査定・買取NAVITOP

copyright(c) 2009
中古車査定・買取NAVI
All Rights Reserved.