中古車 買取

中古車を高く売る方法!中古車高価買い取り!車買取・査定・相場ガイド★

事故車=修復歴車は間違い

 何等かの修理を行った修復歴車というと、事故車だと思う方が多いのではないかと思います。
 しかし、事故の経歴があって修理をしていても修復歴車とは呼ばないことがありますし、事故をしていなくても修復歴車となることもあるのです。

 修復歴車とはどのような車をいうかということは、査定協会や自動車公正取引協議会などでその基準が定義されています。
 一般的な定義によると、フレーム、フロントインサイドパネル、フロントクロスメンバー、ビラー、ルーフパネル、ダッシュパネル、トランクフロアパネル、ルームフロアパネルの8箇所のいずれかでネジ止め部分以外を修復するか、骨格に傷などがあるある場合、もしくはラジエターコアサポートを交換し、その周囲の骨格に修復跡かヘコミがある車を「修復歴車」と呼ぶのであって、事故歴の有無ではないのです。

 事故歴があっても、修理した箇所が上記以外の箇所だった場合は修復歴車の定義にはあてはまらず、その反対に事故以外の理由で上記の箇所を修理すれば、修復歴車と呼ばれることになります。
 修復歴車と呼ぶ定義は、業界で統一されたものではなく、業者やオークション会場で独自の基準を設けていることもあります。


買取実績No.1!簡単入力で
愛車の価値を即査定

↓↓↓
【ガリバー】
オンライン自動車査定ガリバー


無料で一括査定依頼
最高額で愛車を売れる!

↓↓↓
【カービュー】
中古車を高く売る



中古車査定・買取NAVITOP

copyright(c) 2009
中古車査定・買取NAVI
All Rights Reserved.